Profile
まんでりんのごはん日記

ズッキーニの煮込み

2016/06/19 22:21 作りおき

煮込みものを作る時は、

■和風・・・だし&しょうゆ&さとう

■トマト煮込み・・・トマト缶&コンソメキューブor鶏がらスープの素

■クリーム煮込み・・・ホワイトソース缶かクリームシチューの素(顆粒)

■カレー煮込み・・・市販カレールウor手作りカレー(スパイス)

■スイートチリ風煮込み・・・ケチャップ&食酢%オイスターソース&砂糖

■テイメンジャンがらめ・・・テイメンジャン&ウェイパー&しょうゆ&豆板醤

■オイスター煮込み・・・オイスターソース&鶏がらスープの素

■塩味の煮込み・・・使う具のだしを活かす

■その他・・・デミグラスソースを使う、コンソメスープのみ、など

あたりを使いまわすことに。もしかするともっとやってるかもしれないんですが、すぐに思いつかない・・・。


夏の煮込みは冷えてもおいしく食べられるように脂を減らし、スパイスを多めにしてます。腐りにくくするためです。あと、トマト煮込みのように酸味のある煮込みも良いですね~。1-2日は食べられるし、リメイクもできるので煮込みができると調理が楽になるかも。


鶏肉はあぶらが常温で固体になりにくいし、安いですから「胸肉」でも「もも肉」でも煮込みにはよく使うんですけど、

今日はズッキーニとオイスター煮込みに。

鶏もも肉と筍、ズッキーニ、パプリカ、シメジを入れました。赤いパプリカやニンジンが入ると見ばえしたかも。く~。ちょっと失敗。


味付けは、鶏もも肉をサラダ油で炒めて塩とこしょう、日本酒を振ります。その後材料を入れて、塩と中華味の素少しと、オイスターソース、コチュジャンを入れました。適当に作ったらちょっと「つゆだく」になったもんで、「焼き麩」を戻して絞って足しました。コチュジャンはたまたま。テイメンジャンでも良いしなくてもOK。スパイスは五香粉を使いました。安売りの野菜と手持ちの野菜を組み合わせて適当に作るとレシピがないんですよねえ・・・。


ん~、こういう煮込みだとごま油でも良かったなあ。コクがでるかも。


焼き麩のワザは、つゆだくになっちゃった!って時にお勧めです。薄い味でも焼き麩がつゆを吸いこむので、一緒に食べた時につゆの味が口の中に広がって味をよく感じるというか。おまけに焼き麩はタンパク質なので、低エネルギーのままタンパク量だけ増えてダイエットや夏バテなどにもうってつけ。乾物なので長期保存できるのがウレシイ。


ちなみに、これはそのまま食べるほかに、うどんや素麺を使って「炒めうどん」「そうめんチャンプルー風」にしたり、卵を入れてとじたりするリメイクが考えられます。とどめは「みそ汁」か「けんちん汁」、もしくは、市販のカレールウを入れて「お一人様カレー」に。一人でこんなに作っちゃったら半分冷凍しちゃっても。小分けタッパーに入れとくと便利ですよね。


まだズッキーニが残っているので、鶏肉やニンジンで煮込むバージョンをレシピに上げてみたいと思います。ズッキーニはカボチャの仲間なので煮込みには向くんですよね。そ~だなあ。チリソース煮でやってみますか。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください